ウルトラファインバブルとは

ウルトラファインバブルってなんだろう?

ウルトラファインバブルイメージ

■ウルトラファインバブルとは?

サイズが直径1マイクロメートル(1,000分の1ミリメートル)未満の目に見えない極小の気泡をウルトラファンバブルと呼びます。この気泡を発生させる技術は、日本が世界をリードする最新技術として近年さまざまな産業で活用が進んでいます。
※UFB DUAL™では150~200ナノメートル(15,000~20,000分の1ミリメートル)の気泡が測定されています。

ウルトラファインバブルのこと、
もっと知りたい

ウルトラファインバブルは、マイクロバブルの約100分の1ほどの大きさで、目で見ることが出来ないほど極小です。気泡が10cm上昇するのに要する時間がマイクロバブルでは約7分、ウルトラファインバブルは数ヶ月〜1年と言われ長時間液中に存在することが知られています。

ウルトラファインバブルの特徴

ここがすごい、
ウルトラファインバブル

Point1.最先端技術

日本の経済産業省も環境、食品、農業、水産業、精密機器、医療、美容等の各産業界に対し、ウルトラファインバブル技術の活用を呼びかけ、その利用を促進しています。また日本が世界をリードする最新技術として注目を集めるとともに、国際標準化機構(ISO)では日本を幹事国に規格化が検討されています。

最先端技術

Point2.洗浄効果

ウルトラファインバブルの 微細な気泡が、浴室や洗面所、台所等の排水口や普段見ることのない配水管に付着したバイオフィルムの小さな隙間に入りこみ、バイオフィルムおよびバイオフィルムに付着した汚れ物質を剥離し洗い流し、バイオフィルムそのものの再付着を防ぎます。

洗浄効果

Point3.生理活性効果

ウルトラファインバブルの 微細な気泡は、皮膚や毛穴から浸透しやすく、血流の改善や体内温度の上昇、保湿効果が認められています。群馬大学の実証実験では、ウルトラファインバブル水で洗髪することで髪の毛に含まれる水分量が50%以上増加すると言う結果が報告されています。

生理活性効果

今すぐ始めよう
お家まるごウルトラファインバブルの
家づくり&リフォーム